読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アース技研Blog

千葉市若葉区のリフォーム会社『アース技研』のブログです。日々のことを中心に書いてます。

”大切にしたい、家への『想い』”

リフォーム・塗装工事・防水工事・シーリング工事ならアース技研にお任せ下さい。



初同行

今日はお客様のお宅に初めて同行してきました。
と、言っても、私の親戚と実家なのですが。(笑)
先日お盆の時に、親戚が集まりまして、その席で、外壁の塗装の話しになったのですね。
いとこはちはら台に10年くらい前に新築で家を建てたのですが、今年になって、塗装の営業がすっごい来てるんだという話しになったのですよ。
で、周りが塗装工事をやり始めてると。
いとこの家にも営業が来ていて、「もうこのままじゃだめだ。」とか「近くでやるので、同じ時期にやってしまえば安くやれる。」とか、ほんとなの?って話しをわんさか聞かされて辟易気味。
「実際どこでやっても同じでしょ?だったらあんたのとこでやるからさ~。」と失敬な言い方。(笑)
なので、ちょっとだけアドバイスしてみました。
塗装ならどっかで見積もりしてもらって、それを参考に話ししたらいいってこと。
ひとつじゃなくて、いくつか見積もりしてもらったらいいってこと。
まあ、とにかく1回見せてみろってこと。
それと、どこでやっても同じじゃないぞってこと。(笑)
いとこは私より若いし、家のローンだってまだたんまり残ってますし、それで塗装工事となったら、少しでも負担少ない方がいいですからねー。
まあ、考えとくーで、いとことの会話は終了しておりました。

で、翌日、実家の父から電話。
おじさんが外壁塗装やりたいから、電話くれとのことでした。
だったら、昨日直接話してくれればいいのに~ですよねえ。
何気に横で話し聞いてたらしく。(笑)
ってことで、社長に話して、今日おじさんの家を見に行ったわけです。
おじさんの家も、いとこと同じちはら台
築25年くらいですかね。
新築の頃行ったくらいぶりだったので、ずいぶん久しぶりでした。
10年前に外壁の塗装はしたとのこと。
で、後は社長に任せて、私は涼しい家の中に入って、おばさんと談笑してたんですけど。(爆)
後日、見積もり持って行くってことで、次は私の実家に。
こっちは築何年なんだってくらい古い家でして、なんてったって、私が生まれる前から建ってるので、何度もリフォームしてるんですね。
まあ、昔の家はしっかりしてるって言いますけど、平屋ってこともあるし、20年くらい前に外壁から屋根から内装からほぼ全部を改修工事的なことも含めてリフォームしたので、昔の面影はほとんどなかったりしてます。
今回は母が、お風呂かトイレの水を流すと、大きな音がするのが気になるってことだったので、私では良く分からないし、社長に見てもらったんですね。
あーでもない、こーでもないとやって、故障とかではなくて、給湯器の隙間のせいじゃないかってことで、ダンボールはさんで固定させてとりあえずクリア。
母は「取り替えたほうがいいですか?」とか言ってましたけど、社長は「もったいないからこれで様子見ましょう。」って。
リビングの照明もちょっと難ありだったので相談してたのですが、こっちも電球変えればいいんじゃないか?と。
おじさんの家でもそうだったんですけど、余計な工事は勧めないんですね、うちの社長。
でも、やるほうとしては、「あそこがだめ。」「ここがやばい。」と脅かされるよりいいなあと、聞いてて思いましたね。

ところで、いとこは「まだもう少し先にする。」とのこと。
私のアドバイスで、慌てなくてもいいのか~ということになったらしいです。(笑)