読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アース技研Blog

千葉市若葉区のリフォーム会社『アース技研』のブログです。日々のことを中心に書いてます。

”大切にしたい、家への『想い』”

リフォーム・塗装工事・防水工事・シーリング工事ならアース技研にお任せ下さい。



千葉市稲毛区B様邸の外壁塗装工事

7月に施工が完了したB様邸の工事をご紹介します。

場所は稲毛区と言っても千葉大のすぐ裏の轟町。
この辺りは、千葉大だけでなく、千葉経済の大学や高校、千葉東高、千葉商、少し行くと敬愛大もあるという学校だらけの街です。
今回のB様邸も、一般住宅ではなく、1階が店舗で、2階、3階が賃貸のアパートになっている建物です。

B様邸の工事は今までにも何回かご依頼頂いています。
私もおととしの年末に、カレンダーを届けにごあいさつに伺ったので、B様と聞いて、「あ~。」とすぐにわかりました。(笑)
今回も、
「うちのホームページで工事の様子をご紹介していいですか?」
と、お願いしたら、快く了承してくれましたので、気合い入れて写真撮らせていただきました。
(ついでに、「1カット1000円だって、社長に言っといて。」って、冗談言ってましたけど。)

f:id:earth-giken:20140729100023j:plain
↑施工前

f:id:earth-giken:20140728155745j:plain
↑足場を組んでシートかけちゃうと、工事が終わるまでは周りには内緒状態になっちゃいます。(笑)

f:id:earth-giken:20140729095959j:plain
↑施工完了 美白されましたー!(笑)

 f:id:earth-giken:20140729104939j:plain
↑建物の裏手の施工前

f:id:earth-giken:20140729105023j:plain

↑施工後はこんな感じ

私がうかがった時に、常連のお客様が来店中で、B様がその方に工事の内容なんかをお話ししてたんですね。
ここをこうしたとか、こうなってたからこうしたとか。
それが近くで聞いてて、なんかうれしかったですね。
お客様本人が説明できるってことは、ご理解頂けてるってことですから。
もっと言えば、ここの工事はいくらかかって、この部分の工事は高かったとか、どんどん話して頂きたいです。

この日は、最後の仕上げに入り、この裏手の自販機の裏側を塗装することになってたので、職人も来てたんですね。
B様から裏側の壁に塗むらか汚れか何かがあるんじゃないか?というご指摘がありました。

f:id:earth-giken:20140801150137j:plain

確かに下から見上げると、その部分が黒くなってるので、職人が近くまで上がって確認したら、泥でした。(前の日に、雨の中足場の解体をしてたので、その時についたものだろうということで。)
ウエスで拭いてきれいになったので、B様もひと安心。(もちろん私もですが。)
他にも何箇所か手直しが必要なところがあったので、確認して社長に報告しました。

私も家を建てたことがあるのでわかるのですが、「?」と思っても、遠慮というか、「これ言ったら、高くなっちゃうかも?」と思って、言うの躊躇してしまって、結局後悔したこと、結構あったんですね。
アース技研の場合は、見積もりの段階からすごく細かく出して、説明もちゃんとします。
お客様の「こうしたい。」というご希望はかなえたいし、「だったらこの方がいいかも?」というご提案で、もっと喜んでいただきたいし。

ということで、今回は外壁塗装の様子をお伝えしました。
次回は各階の細かい部分の塗装などについてお伝えしますね♪

 

美しい家に住みたい それが家族の夢でした

株式会社 アース技研

http://earth-giken.jp/